よりよい転職のための、転職支援サイトの選び方・使い方

よりよい転職のための、転職支援サイトの選び方・使い方

転職活動において転職支援サイトを活用する方は多いかと思いますが、転職支援サイトの数は非常に多く、登録する際の選定方法に迷われる方もいるかと思います。ここでは、転職活動をより効率的・効果的に行うための転職支援サイトの選定、登録方法を紹介したいと思います。

 

大前提として、紹介会社への登録は1社ではなく、タイプや規模の違う複数の紹介会社への登録をお勧めします。理由は、紹介会社それぞれに強み・弱みがありますが、複数登録することにより、強みをより享受し、弱みを補うためです。

 

登録は以下の3タイプの紹介会社への登録をお勧めします。

 

1. 大手転職支援サイト
2. 小規模転職支援サイト
3. 職種特化型転職支援サイト

 

1の例としては、リクルートエージェント、DODA等が挙げられます。大手紹介会社に登録するメリットとしては、やはり保有求人数が多いため、紹介を受けられる機会が多くなることが挙げられます。また応募や進捗管理に際し、使いやすいシステム(管理画面)を提供され基本的なやり取りはそちらで行うので、特に現職で活動を進める方にとってはより効率的に活動を進めることができます。

 

2の例としては、上記に挙げたいわゆる大手紹介会社以外の全ての紹介会社が該当します。転職支援サイトは参入が容易なので、非常に数が多く、少人数で運営されています。小規模紹介会社に登録するメリットとしては、保有する求人数は多くないものの、その紹介会社しか保有していない独占案件であったり、紹介先企業がもともと紹介会社のアドバイザーが勤めていた会社であったり等、紹介会社と紹介先企業のリレーションが強いケースがあり選考が有利に進むことがあるからです。大手紹介会社ですとどうしても求人1件1件への対応が薄まり、対応も事務的なものになりがちですが、小規模紹介会社ですと保有求人数が多くないので、登録者が求人とマッチしている場合、非常に強く紹介先企業にプッシュしてくれます。

 

3の例としては、例えば管理部門の転職ですと、MS-JAPANやJACリクルートメント等が挙げられます。職種特化型紹介会社に登録するメリットとしては、保有求人数がそれなりに多く、職種がある程度限定されているため希望している求人にめぐりあえる可能性が高いです。1と2の折衷型ともいえます。またコンサルタントがその職種に精通していることも多く、登録者のニーズを上手く拾ってくれるケースが多いです。

 

以上から3タイプの転職支援サイトへの登録をお勧めしますが、最後に補足で、特に2の小規模紹介会社の選定に際しては、まず日経キャリアやイーキャリアfaと言った、転職支援サイトから登録オファーを受けられるサイトへの登録をまずお勧めします。小規模紹介会社は登録に際し選定が難しいと思われますが、ここに登録しておくと登録オファーを受ける際、企業名ブラインドも含めて「こういう企業のこういう条件の求人を保有しています」といった具合に、具体的な求人をあわせて紹介されるケースが多いです。その内容を確認し、これはと思うところに登録するとミスマッチが防げる可能性が高くなります。