転職支援サイト口コミ評判ランキング!

年収を上げる転職を成功させるためには

 転職理由には様々なものがありますが、年収を上げたいという理由で転職をお考えの方は多いと思います(面接でそれをダイレクトに伝えることはあまりよろしくないですが。。)。

 

ここでは年収を上げる転職を可能にするポイントをいくつか紹介したいと思います。高い報酬を支払う事を厭わない企業の見極めと、その企業に対しそれだけの価値がある人材であることをあらゆる面でアピールすることが重要です。

 

給与水準が高い企業を選定する

 

給与には経営者の考え方が強く反映されます。また従業員にはいい事を言っていても本質的には人件費を抑えたいと思っており、あまり給与水準には触れたがらないものです。そういう中で、募集要項に給与水準が高いことをわざわざ記載している企業は経営者がその点にこだわっている可能性が強く、実際に給与水準が高いケースが多いです。上場している企業であれば有価証券報告書に平均年収の記載があるので確認が容易ですが、そうでない企業に応募する際は、募集要項において想定年収レンジの確認と共に、経営者の給与や評価制度に関するコメントがあれば必ずチェックしてください。そういう企業は大抵給与水準が実際に高いことが多いです。

 

 

社歴が浅く、成長している企業を選定する

 

社歴が浅い企業は、転職者の給与の決定方法において、前職の年収をベースに検討する以外に明確な基準を設けておらず、経営者の一声で決まるケースが多く、採用したい人材と思わせれば応募者の要求が通る可能性が高いです。また成長している企業では人が足りないケースが多いので、いい人材であれば多少給与を弾んでも入社してほしいと考えていますし、また入社してからの給与の伸びも期待できます。

 

 

現在の年収を高めに申告しておく

 

これは多少グレーではあるのですが、転職先の給与決定に際し、前職の給与水準をベースに決定されているのが現状ですので、現収を常識の範囲内で高く申告することは重要です。これは前職の源泉徴収票を確認すればおおよそどれくらいもらっていたかを確認することは可能なのですが(実際にそうやって確認している企業もあるようです)、特に2のような企業はそれをいちいちチェックしている時間がないですし、最終決定する面接官は尚更です。賞与支給額の変動で年収は変わるものですし、ここでは多少高めに申告することをお勧めします。

 

企業が取りたいと思わせる人材であることが前提条件ですが、年収アップが主目的の場合は、上記を参考にするとよいと思います