未経験から管理部門へのキャリアチェンジを成功させるために

未経験から管理部門へのキャリアチェンジを成功させるために

一般的に難しいと言われている未経験からの管理部門へのキャリアチェンジですが、確かに経験者の方が有利ではあるものの、20代後半までで年齢なりの職歴があれば可能性は十分あると考えられます。現在私ベンチャー企業の管理部門責任者を務めていますが、未経験者を採用した経験は複数名あります。以下書類選考を通過し、採用されるまでポイントを記載します。ポイントはスキルや経験がないので、本気度とポテンシャルを上手くアピールするところにあります。

 

職種と関連する資格を取得する。

最もイメージしやすいと思いますが、例えば経理職ですと簿記検定、人事職ですとGCDFや社労士、法務ですとビジネス法務検定等の、関連する資格の取得は有効です。これはキャリアチェンジに対する本気度をアピールすることができます。例えば経理職未経験であっても簿記1級を取得していれば、20台後半までなら会ってみようかなという気になります。経験がない場合の最初のアプローチとして資格取得は有効だと言えます。

 

 

自身のキャリアと職種における関連性を見つける

 

管理部門の中でも職種において求められる資質は大きく異なります。例えば経理職と人事、中でも採用担当に求められる資質は大きく異なります。採用担当は説明会等で人前で話す機会が多いですし、そもそも採用自体に営業的要素があります。営業の経験しかない方でも採用担当であれば、企業の人事部における業務経験はなくても、人材系企業における就業経験があれば、書類通過の可能性はあります。他で言うと経理職を希望する方で、決算の経験はないものの、銀行での就業経験がありお金に関する知識がある等です。自身のキャリアにおいて何らかの関連する点を見つけて、そこをアピールすることにより、未経験でも書類選考通過する可能性はあります。あと管理部門はExcel等Office系ソフトを使用するケースが多いので、操作に強い方はアピールポイントになります(これだけ普及しているにも関わらず、使えない方はほんと多いです。。)

 

 

事務処理能力の高さや、自頭のよさをアピールする

 

管理部門は事務処理能力が高い人が優遇されます。なので上記1や2を満たしており、かつ偏差値の高い大学を卒業している等、いわゆる高学歴の方は選考上有利に進む可能性が高いです。そうでない方でも書類を通過した際は、聞かれた事に対して簡潔に答える等、自頭のよさが伝わると選考通過、内定となる可能性は高いです。

 

以上、未経験でも特に若い方は十分にチャンスがあると思いますので、管理部門へのキャリアチェンジをお考えの方は参考にしてみてください。